車を売る時に必要な書類について

車売るという機会はそれほど無いだけに、実際に車売るとなった時に用意しなければならない書類というものはどのようなものがあるか気になりますよね。
特に自動車のように金額の大きいものであれば、それだけ多くの書類が必要になるのではないかと考えてしまうものです。

 

そこで、車売るときにはどのような書類が必要となってくるかということですが、まず手間を掛けて用意しなければいけないものとなると印鑑登録証明書だけになります。
もちろん、それ以外のものも必要にはなってくるのですが通常であれば、これ以外のものは全てそろっているだけに用意しておくべきものといえばこれだけになるのです。

 

次に必要なものですが、これは普通車を売る場合と軽自動車を売る場合で異なってきますが、両方で必要となってくるものとしては車検小児、自賠責保険証明書、リサイクル券が必要となります。
普通車を売る場合に必要なものとして、自動車納税証明書があり、軽自動車の場合には軽自動車納税証明書が必要になります。

 

これ以外のものは後で取引の際に作成することになるので、容易をしておくものといえばこれだけになるのです。
ただ、必ずしも必要というわけではないのですが車売るとなるとその支払いに関しては、銀行振り込みであることが一般的なので振込口座のメモをした紙などを用意しておいたり、あるいは通帳のコピーなどをとっておいた方が確実です。

 

このように特別用意しなければならない書類というのは、役所などで取り寄せなければならない印鑑登録証明書だけになっていて、その他のものについては通常であれば手元に保管しているものですので、特に何かが必要となることは無いのです。

 

また、必要な書類というのは契約をする際に相手からも教えてもらうことができるので、それほど大きな心配をする必要があるものでもないのです。

 

車を売る時に自分で用意しなくてはいけない書類

  • 「車検証」(自動車検査証)
  • 「自賠責保険証」(自動車損害賠償責任保険証)
  • 自働車税納税証明書
  • 印鑑(実印)
  • 印鑑証明書
  • 自働車のリサイクル券

車売却時の必要書類より

  • 2015/07/25 22:34:25