事故に遭ってしまったクルマは車査定で買い取ってもらえる?

自動車事故で損傷をした車は査定価格がつかないと思っている人も多いでしょう。事故車となると中古車査定で低くなることは仕方がありませんが、それは、その車が事故歴がない状態のときと状態と比べて価格が低くなるというもので、そのような車でも高値で買い取ってくれる業者があります。

 

事故車をそのまま買取りに出せば、足元を見られて安くしか買い取ってもらえないでしょう。買取業者は、買い取った車を何らかの形で転売してお金に換えています。

 

ん買取りを安くすれば儲けが大きくなり、そのため、損傷があることを理由に買取額を低く提示してくるでしょう。ですが、蛇の道はヘビでそのような車でも、高額な中古車査定が可能です。

 

もちろん、事故車査定として行われますが、その状況や損傷の部位や度合いなどを大きく考慮して買取られます。その車に合った利用価値があるからです。

 

修復さえすれば十分に走行ができ、転売が可能となれば高く買取をしても業者には利益がでます。
また、国内での転売が厳しくても海外市場で十分に販売が可能な車もあるでしょう。

 

さらに、国内はもとより海外でも中古車が多く流通しているため、部品の需要が高く、部品取りとしても非常に価値がありあります。
自動車にはレアメタルという希少金属が多く利用されているため、また、鉄やアルミなども多く含まれ、売れるものを取り外して売れば結構な額になります。

 

このような業者が多くありますがその中でも最も高い価格を出す業者に買取をしてもらえるため、業者による事故車一括査定を行うことが良いでしょう。
ただし事故車を丁寧に扱い、雨ざらしにならないようにして、腐食が進まないようにしておくことが良いです。

 

車査定額に修復歴は影響するのか

自動車査定においてはそれぞれの自動車の状態や、市場における価値などによって価値が決定されることとなります。
基本的には自動車の状態が良いほど価格は上がることとなりますから、査定を受ける前には洗車をしたり、車内の清掃をしたりすることで金額のアップを狙うことができるようになるでしょう。

 

しかし、自動車査定額の結果が出されるまでに見られるのはこれらの要素だけではありません。
自動車査定においては「その自動車がこれまでどのように使われてきたのか」ということもチェックの対象になっているのです。
中でも特に大きな影響が出てくるのが「修復歴」です。

 

修復歴とは自動車事故などによって損傷を受けたことがある自動車のうち、その損傷が自動車の骨格部分に至り、それを修理したという場合に言われる言葉です。
骨格部位にはフレームやピラー、ダッシュパネルといったような部分が該当するのですが、こうした部分は通常の使用ではもとより、多少の事故で壊れるということは無い部分です。
こうした場所が壊れるほどの事故を起こしているという修復歴を持つ車は、市場においてあまり好まれないこととなるのです。

 

特に消費者に転売がされるというような場合、その自動車に修復歴があるということを知っただけで購入の検討を取りやめる消費者も少なくありません。
自動車査定によって買い取られていった自動車のほとんどは、最終的に新たな消費者に転売されるということになるのですから、修復歴がある自動車の査定額はかなり厳しい結果になりやすいのです。
一度修復歴がついてしまうとそれを無くすということは基本的にできませんから、自動車を利用する場合にはそれに修復歴がつかないように細心の注意を払うように心がけましょう。"

 

  • 2015/07/25 22:32:25